中小企業経営の売上をサポート致します

会社の売上をサポートを致します

 皆様、こんにちは。弊社のサイトをご覧頂き誠に有難うございます。 皆様は事業を発足するにあたり、継続するにあたり、

 どのようなお悩みをお持ちですか?

 未来永劫、半永久的に儲かるようにしたいでしょうか?

 『7つの儲かる仕組み』を理解することで、

 世の中の流れが把握できます。

1、  全体を見る

あなたは今どこにいますか?

 

2、あなたの行き先を決める 

あなたは一人ですか?仲間がいますか?進むべき方向に向かってますか?

 

3、  現状を把握する

あなたは今どんな状況ですか?

 

4、方向性とポジションを確定する

あなたの商品の未来はありますか?どの領域どのポジションですか?

  

5、  マーケティングを考える 

あなたは何を求めてマーケティングをしていますか?マーケティングは正しいでしょうか?

 

6、  市場の探し方 

あなたの商品は最適の市場を確立していますか?

 

7、  仮説→実践→検証→是正

あなたの進むべき道を実行していますか?そして修正して最適の答え見つかりましたか?

 

私たちは知っています。

 

同じ商品でも、何故売れなくなるのか?何故売れて行くのか?

 

それは全て仕組みを理解しているかどうかなのです。

 

仕組みを知れば、30%の売上は簡単に上がります。

 

過去、私自身も経験と根性などで営業成績を収めてきました。

 

  1. 学生時代の後楽園球場(現東京ドーム)売り子販売数2年連続NO.1達成
  2. 服飾資材営業時代に、10年間で20億円以上の売上達成(8年連続社内売上NO.1
  3. 広告印刷営業時代に、東京営業所の年間売上NO.1達成(従業員数200名弱)
  4. 前身の有限会社安達印刷所で約7年間従事し債務返済に貢献し現在の職務に努める
  5. 現在は、サービス業を中心に売上拡大に貢献し平均30%以上売上を達成している

 

なんとなく営業をしていた時代。

 

でも結果が出ていた。

 

一人よがりの結果でした。。 

 

これからは、自分の経験と仕組みを多くの頑張る人の為に伝えたい。 

 

だから儲かる仕組みは一生懸命頑張っているのたくさんの皆様にお伝えしたい

 

ある店舗では・・・

 

あることをしただけで、

 

たった1週間で来店客数が、20倍に!!

 

ある宅配店舗では・・・

 

お客様属性を知っただけで、

 

通常の売上の10倍が!!

 

ある店舗では、

 

地域商圏を知り、

 

ある販促方法を実践しただけで、

 

ナント月間売上が、30%も増加!

 

明日に実践?来週から?

 

いいえ!

 

でしょ!

 

ホントに~って思っている皆様へ・・・ 

  

『コンサルタント費用以上の効果が無い場合は、全額返金をさせて頂きます』

  

そんな私たちも創業45期(旧会社含めて)をみなさまのお陰様で迎えることが出来ました。

 

環境に変化し対応しなんとか生き抜いてまいりました。

 

その秘策も皆様にお伝えしたと思っております。

 

ここまでご支援ご縁を頂いた企業様個人様に心から感謝致します。

 

お悩みの皆様。

 

いますぐご相談下さい!

 

とっておきの●●●で売上UPに繋がります!!

 

 

仕組み作ることで・・・ 『売れる!儲かる!』企業に変わります

 

当社の強み・・・あなたに合ったご提案

地域密着型、差別化戦略、コスト戦略などのご提案重視!
エンドユザー目線で皆様と一緒に考え、クロスメディア戦略、プロモーションミックスのご提案。

貴社の強みを活かす!
お客様の技術、強み、ノウハウ、地域性を最大限に発揮し事業をプラスに導くご提案。

問題発見!
私たちにできること親身になってご回答いたします。

ヒアリング中心にさせて頂いております!
お客様の状況を把握させて頂く為にヒアリングに重点を置き提案させて頂いております。(地域性、エンドユザーは誰か?を考えます)

SWOT分析〜マーケティングを重要視!
SWOT分析を行い、市場細分化(セグメント)、強みの抽出、需要の創出、プロモーションの重要性。

企業力×人間力=創造力!
企業、人間とは無限の力を秘めています。その力を十二分に発揮できるようにご支援致します!

たった90日間で、シニア女性がどんどん集まる方法有ります

貴社の商材は何ですか?商品?人?サービス? 

 

l  全体を見る

l  あなたの行き先を決める

l  現状を把握する

l  方向性とポジションを確定する

l  マーケティングを考える

l  市場の探し方

l  仮説→実践→検証→是正

 

自店分析・・・商品含めて、自分自身も商品となります。コンセプトと明確にしましょう

競合分析・・・出店場所の競合店の強みと弱みの把握(戦い方を事前に知ろう)

客層分析・・・自分の商品が想定通りの客層に適合するか事前に調査しましょう

         商圏を把握して、地域特性を最大限に利用できます

 *既存ファン構築の仕組みと作り、数多くの応援団を創出することが大切です

シニア女性市場は拡大傾向です

男性の雇用者数は減一方、働く女性は増加   

*資料参考 ダイヤモンドオンライン 三菱総合研究所主任研究員 片岡敏彦氏 

 女性市場に注目すべき理由の1つ目が、働く女性が増加していることである。総務省「労働力調査」をみると、男性の雇用者数は1997年をピークにすでに減少している一方、女性の雇用者は増加を続けていることがわかる(図1)。そして、女性の就業率は、将来的にも上昇していくと予測される。既婚者においては、共働き世帯数が、片働き世帯を1997年に逆転している。女性が社会とのつながりをもちたいという意識を高めたこと、仕事を通じて自己実現を図りたいと考えるようになったこと、また、妻が働くことで家計を補うようになったことなどが、その背景にある。特にボリュームとして大きいのが、結婚や出産で仕事を辞めた人が、職場に復帰するケースである。さらに、シングルにおいては、結婚しないという選択をしたり、晩婚化が、就業率を向上させる(図2)。

こうした就業率の向上によって、女性は所得、つまり購買力を持つようになった。給与所得者の給与全体において、女性の給与が占めるシェアは、2010年には全体の1/4を占めるまで拡大している(図3)。

単身世帯の可処分所得でも 女性が男性を上回る

 単身世帯においては、30歳未満では女性の可処分所得が、男性よりも高くなるという現象が生じている(図4)。

 こうした若い男女の年収の逆転現象は、実は、2005年のアメリカにおいても起こっている。その背景には、女性の高学歴化が進展したこと、および、女性が就職する業種の所得が高いことがあげられている。それでは、日本はどうか。

 まず、日本においても、女性の高学歴化が進んでいる。大学を卒業して就職する女性が増加し、大学新卒で就職した人の数は、この20年の間で、男性は減少しているのに対し、女性は2倍にまで増えている。つまり、大学に進学する女性が増加したことで、女性の所得は底上げされた(図5)。

 また、2009年の「全国消費実態調査」はリーマンショック発生直後に実施されているが、リーマンショックで、業績に負の影響が大きく生じたのが、米国向けを中心とした海外に輸出を行う製造業であった。勤務先の業種をみると、男性は製造業で働く人が2割に達しており、より男性において、所得の伸びが抑制されたと考えられる(図6)。

 このように、まさに、日本でも、アメリカと同じ理由で、男女の年収逆転現象が起こったと考えられるのである。

 

やっぱり財布のひもは妻 購入決定権は女性が持つ

 女性市場に注目すべき理由の2つ目が、既婚世帯において妻が購入決定権を持っていることである。

 三菱総合研究所・生活者市場予測システム(mif)でみると、電子レンジや洗濯機といった主に女性が使う商品では、女性の購入決定割合が9割に達している。一方、自動車、ノートパソコンや液晶テレビなど、夫も使う商品においても、妻の購入決定割合が4割~6割も占めている(図7)。

 既婚世帯で妻が家計管理をしている割合は、mifでみると年代を問わず7割を超えている。妻が財布のひもを握っている世帯では、一般的に妻の購入決定権の割合が高いと考えられるが、このデータからも、妻が、依然として「家庭の大蔵大臣」になっている様子がうかがえる(図8)。

年収が同じでも 女性の方が消費性向が高い

 女性市場に注目すべき理由の3つ目が、女性の消費性向が高いことである。

 消費性向、つまり可処分所得のうち、どのくらいの割合を消費支出に回しているかを2009年総務省「全国消費実態調査」でみると、女性88%に対し、男性は72%と女性の方が10ポイント以上高い。

 

このデータには、女性の可処分所得が相対的に少ないことが影響しているが、その影響を排除するため、男女同じ年収クラスで消費性向を比較したのが下図である。これをみても、女性の消費性向の方が高いことがわかる。やはり、女性の方が消費を活発に行っているといえる(図9)。

 どうして女性の消費性向が高いのか。mifの分析結果から見えてくるのが、「友人との交流」の影響である。友人と余暇を楽しむ人とそうではない人の間では、1ヵ月間の支出総額が6万円の差にもなる(図10)。

 また、友人と余暇を楽しむ人が、男女どちらに多いかというデータをみると、明らかに女性の方が多くなっている(図11)。これらのデータから、「女性の方が友人と余暇を楽しむ人が多い」、それによって、女性の方が可処分所得から消費に回す額が多くなる、という関係が浮かび上がってくる。

 全国消費実態調査からは、女性は男性に比べて、食費は少ないが、交際費の支出が多いこともわかる。普段は、自炊やお弁当持参で食費を抑えるが、たまに開催される女子会などの友人との交際にはお金をかける、といったライフスタイルが垣間見える。

 以上みてきたように、 働く女性が増加し女性の所得が向上している。家計の購買決定者は女性である。さらに、女性は消費性向が高い。こうした要因から、高い女性の消費パワーが生まれているのである。

 

多様化する女性をとらえる視点「ライフコース」

 いまや女性の市場は多様化し、消費・生活行動にもさまざまな特徴がみられる。女性は、就業や結婚、出産といった選択がいくつもあり、その時々の立場や状況でニーズが異なってくるからである。

 こうした多様化する女性を捉える視点が、「ライフコース」だ。ライフコースとは、「個人が一生の間にたどる道筋」のことで、就学(学歴の選択)、就業(職業の選択)、結婚(配偶者の選択)、出産(家族の選択)といった人生のイベントでの選択の結果(職業的・家族的な役割の取得の仕方)によって、さまざまな行路が描かれるのである(図12)。

 次回は、このライフコースの視点から、高い消費パワーを持ち、経済活性化の牽引役として期待される女性の行動を読み解いていく。


最新ニュース

2013年4月23日 個別コンサルティング開催致します

お問い合わせ

TEL: 03-6808-1345

FAX: 03-3634-3828

SkypeID:hagibe5538

E-mail: info@a-dachi.com

営業時間

■9:00 ~ 18:00 (月~金)

■土日祝 年末年始 休日